演題登録

演題募集期間

募集期間:2021年12月6日(月)〜2022年2月28日(月)

※2022年3月14日(月)12:00まで延長いたしました。

※演題登録は締切らせていただきました。

応募資格

  1. 1) 筆頭発表者および共同発表者は、本学会の会員に限ります。入会手続き中の方は、演題登録申込フォームの会員番号欄に「9999」と記載してください。入会手続き方法は、日本赤十字看護学会ホームページ(http://plaza.umin.ac.jp/jrcsns/admit/)の入会案内をご参照ください。
    2022年3月31日(木)までに入会手続き(入会申込書の提出と年会費納入)が未完了の場合、演題申込みが取り消される場合があります。
  2. 2) 筆頭発表者は一人一演題でお願いします。共同発表者にはこの制限はありません。
  3. 3) 研究発表は未発表のものに限ります。
  4. 4) 演題発表者は現地参集での発表となります。
  5. 5) 演題発表者はZoomを使用しての発表が可能となります。 ご希望の方は3月14日(月)までに運営事務局(jrcsn23@shinsei.com)までお問い合わせください。
【入会に関する問い合わせ】
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル(株)毎日学術フォーラム
日本赤十字看護学会「会員管理事務局」
TEL:03-6267-4550  
FAX:03-6267-4555  
E-mail:maf-jrcsns@mynavi.jp

一般演題の種類

本学術集会では、多くの方々に参加していただきたいと考え、「研究報告」と「実践報告」の演題を募集します。赤十字の活動、看護実践、看護教育(基礎教育・継続教育)、看護管理などの幅広い領域において、皆様の日頃の取り組みに関する「研究報告」、「実践報告」を歓迎いたします。
なお、研究報告・実践報告の区分は、以下を参照して下さい。
研究報告:実験や調査等に基づいた研究成果に関する報告
実践報告:臨床等での実践内容に関する報告

一般演題の区分

演題の区分は以下の通りです。演題の区分は、演題登録の際に2つまで選択できます。

1
赤十字の活動
2
災害看護
3
クリティカル・救急看護
4
看護基礎教育
5
看護継続教育
6
看護管理
7
臨床看護
8
小児看護
9
助産・母性看護
10
老年看護
11
精神看護
12
地域・在宅看護
13
国際看護
14
看護歴史
15
看護倫理
16
その他

発表形式

  1. ① 一般演題(口演)
    • ●発表5分・質疑応答3分(応募演題数により調整することがあります)。
    • ●発表用のパソコン(OS:Windows10/PowerPoint2007以降)は事務局で準備いたします。
    • ●発表データ(動画データ含む)は、容量1GB以下でご準備ください。
    • ●Macintoshで作成したデータの場合は、ご自身のパソコンを持参してください。事務局準備のパソコンでも発表は可能ですが、レイアウトが崩れることがあります。
    • ●ご自身のパソコン(Windows、Macintosh)を持ち込んで発表いただく場合は、以下にご留意ください。
    • ・発表者ツールは利用できません。
    • ・演台へのパソコンの乗せ上げはできません。
    • ・AC、VGAアダプターをご持参ください。
    • ・省電力モードやパスワード、スリープ設定などの発表の妨げとなるツールは事前に解除しておいてください。
    • ・ご自身のPCを持込の場合、発表時の操作はご自身で行っていただきます。
    • ・ご自身のPCを持込の場合、発表時間の1時間前(朝一番のセッションの場合は30分前)までに、PC受付にてデータのチェックを行ってください。

    ※口演でご登録いただいた場合でも、示説へ変更となる場合がありますので、あらかじめご承知おきください。

  2. ②一般演題(示説)
    • ●ポスターは、本文 縦180㎝×横90㎝(右図)の規格となります。
    • ●ポスターは会場掲示用に紙出力と、ホームページ掲示用にデータ(容量1GB以下)のご用意をお願い致します。
    • ●ポスターの紙出力に関しましては、別途料金にて運営事務局で用意・会場持込及び掲示することが可能です。下記をご参照ください。

    ※演題番号は事務局で用意します。A欄に演題名、所属、演者名を掲示し、B欄に発表演題内容(紙出力)を掲示してください。

    ※応募演題数等により、口演へ変更となる場合がありますので、あらかじめご承知おきください。
    ●①②いずれも最終的な発表形式の決定については、会長にご一任ください。

寸法

出力・会場貼付をご希望の方は別途受付いたします。

1ポスター : 20,000円(税込)

募集締切 : 2022年6月10日(金)まで

ご希望の方は、運営事務局 株式会社新生までお問い合わせ下さい。
TEL:0155-25-1248
E-mail:jrcsn23@shinsei.com

応募方法

  1. 1) 演題申込は、本学術集会の参加登録後、ページ下部の演題応募フォームより必要事項を入力し登録してください。登録後、抄録原稿データを運営事務局までメール(jrcsn23@shinsei.com)にて送信してください。
  2. 2) 演題登録フォームには、筆頭発表者基本情報と、共同発表者情報、 演題情報(タイトル)、演題種類(研究報告・実践報告)、希望発表形式(口演・示説)、希望演題区分、利益相反の有無を登録してください。入会手続き中の場合は、会員番号「9999」と入力してください。なお、ご登録時に入力する所属先は講演集に表記する所属名をご入力ください(筆頭発表者・共同発表者それぞれ 1名につき所属機関は1つとなります)。
  3. 3) E-mailアドレスは、PC用のものをご記入ください(携帯電話のアドレスは不可)。

抄録原稿作成要領

抄録原稿は、ページ下部から抄録原稿フォーマット(Word形式)をダウンロードして作成してください。フォーマットは変更しないでください。フォーマットは「研究報告用」と「実践報告用」があります。報告内容に合わせていずれかを使用し、A4版用紙1ページ以内で作成してください。なお、講演集は白黒印刷のため、カラー文字、画像は使用不可です。事務局では校正・修正は行いませんが、一部体裁を統一のため整えさせていただくことがございます。誤字、脱字、変換ミス等に十分ご注意ください。
完成した抄録原稿データは、運営事務局までメール(jrcsn23@shinsei.com)にて送信してください。

  1. 1) 抄録本文の構成

    1. (1) 「研究報告」の本文は、Ⅰ.目的、Ⅱ.方法(倫理的配慮を含む)、Ⅲ.結果、Ⅳ.考察、Ⅴ.結論を参考に構成してください。
    2. (2) 「実践報告」の本文は、Ⅰ.目的、Ⅱ.実践内容(倫理的配慮を含む)を参考に構成してください。
    3. (3) 演題に関係した企業等との利益相反の有無について、抄録本文の最後に明記してください。
    4. (4) 研究費の助成を受けている場合は明記してください。
  2. 2) 抄録原稿フォーマット

    1. (1) 余白:発表種類(研究報告、実践報告)のフォーマットにより、抄録原稿を作成してください。抄録原稿には、ページ番号、ヘッダー、フッターなどは挿入しないでください。
    2. (2) 演題名:16ポイント、全角40文字以内、サブタイトルは12ポイント、全角30文字以内、MS明朝(英字はCentury)
    3. (3) 発表者名は10.5ポイントとし、筆頭発表者は氏名の前に〇をつけてください。発表者数は10名(筆頭発表者1名、共同発表者9名)以内。
      所属機関は9ポイントとし、1名あたり1施設のみとします。
    4. (4) 本文:全角1,200文字以内(図、表含む)、MS明朝(英字はCentury)、10.5ポイント。特殊な文字は文字化けするため使用できません。

演題応募

演題応募フォーム 〉
抄録原稿フォーマット
※完成後運営事務局までメール(jrcsn23@shinsei.com)にて送信してください。
セッションに関係した企業等との利益相反がある場合 利益相反申告フォーム
pdf
  • ※自署でご署名・押印の上、ページ下部記載の運営事務局までメール添付または郵送にてご提出ください。
  • ※フォーム内の演題登録番号の欄には、演題応募時の自動返信メールに記載されている登録番号を記入してください。

利益相反(COI)について

  1. 1) 演題に関係した企業等との利益相反の有無の自己申告
    演題に関係した企業等との利益相反の有無については、本学会の利益相反に関する指針を確認してください。日本赤十字看護学会における利益相反に関する指針は、日本赤十字看護学会ホームページをご参照ください。
    今回の演題発表に際して、過去1年間における利益相反の有無を、下記に自己申告していただきます。
    1. (1) 演題登録フォーム
    2. (2) 抄録原稿
    3. (3) 発表時に使用する媒体(スライド・ポスター)
    自己申告のための「サンプルスライド」は下記よりダウンロードできます。発表時に使用する媒体(スライド・ポスター)の最初または最後に明記してください。
  2. 2) 演題に関係した企業等との利益相反がある場合
    ページ上部にある「利益相反申告フォーム」を印刷の上、必要事項を記入し、自署でご署名・押印の上、ページ下部記載の運営事務局までメール添付または郵送にてご提出ください。

査読の基準

演題の査読基準は、次の通りです。
  1. 1) 発表内容が学会の趣旨に適合している。
  2. 2) 十分な倫理的配慮がなされている。
    ヒトを対象とした「研究報告」の場合には、研究者の所属組織または研究協力施設等の研究倫理審査委員会の承認を受けていることが必要です。「実践報告」の場合、研究倫理審査の承認は必須ではありませんが、実際に行った倫理的配慮について記入してください。
  3. 3) 抄録原稿の作成要領に沿っている。
  4. 4) 利益相反について明記している。

採否

採択の可否は、査読終了後、2022年4月末までにE-mailにて通知いたします。

お問い合わせ

第23回日本赤十字看護学会学術集会 運営事務局
株式会社新生 帯広支社内 担当:小西・澁谷
〒080ー0010 北海道帯広市大通南8丁目1ー1太平洋興発ビル3階
TEL: 0155ー25ー1248 FAX: 0155-23-7403
E-mail:jrcsn23@shinsei.com